読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのエンジニア入門

フリスクのCMをご存知ですか?日常の中にアイデアが降りてくる瞬間を切り取った傑作です。そんな「ピーン」とした瞬間を記録に残したくてブログを始めました。現状ほとんど買い物日記ですが。

Amazon Fire HD8の購入と、Prime Music とApple Musicの比較

Amazonとは適切な距離を置こうとずっと思ってきた。友達までのつもりだったんですけど、って。今もその気持ちは変わらない。なんであれ、一つのものに依存するのは好きじゃない。
 
だからAmazonプライムはずっと加入しなかった。自分のAmazon利用状況を見れば、送料だけで軽く元が取れるのはわかっているんだけど。プライムに入ったら、いよいよ抜き差しならぬ関係になってしまう。
 
が、いよいよその軍門に下るときがきたのか?理由はFire HD8(タブレット)。プライム会員だと4000円引き!
 
会議のときにメモを取るためのタブレットがほしいと思ってた。モバイルPCを買うほどではない。テキスト入力とブラウザ以外に仕事で使うイメージがないから、できるだけ安いほうがいい。bluetoothの小さなキーボートをつけて。
 
そんなわけで散々探したあげく、一番安いのはプライム加入状態のFire HDだったわけです。8インチだったら8000円、7インチだったら4000円ほどで買える。安すぎる。しかもkindle。(まあタブレットなら大体読めるわけだが)
 
kindleに関しては初代のpaper whiteをずっと愛用していたのだけど、どこかで紛失してしまい。そのあとケチってバックライトなしのkindleを買ったのが運の尽き。就寝前に暗闇で本を読めないというのがこれほど使用に影響するとは思わなんだ。以降kindleは棚の中。読書は主にiPhoneで。しかしiPhoneはさすがに画面が小さすぎる。しかも僕の、iPhoneSEだし。
 
そんなわけでタブレットkindleというのは僕にとって重要。8インチなら大型本でなければ十分。し・か・も奥さん!Prime musicとPrime videoが今なら漏れなくついてくる!!さらにスピーカーとディスプレーは視聴に十分耐えられるものなんですって。これでお値段なんと(Amazonのまわし者ではありません)。
 
・・・買ってしまった。プライム加入もセットで。
 
タブレットの購入はiPad第二世代以来なので、大幅な進化は覚悟していたが、さすがにこのレベルの製品が8000円程度で買えることには驚きを禁じえない。Apple、間違えたAmazonすげー。
 
脱獄的なことをしてAndloidタブレットにすることも可能のようなんだけど、そこまでしなくてもいい。テキストを打てて、webにアクセスできて、kindle読めて、音楽を聴ければ十分。動画関係は僕には必要なし。映画は好きだが小学生の子持ちに映画を見る余裕はない。
 
実際に使い始めて数週間。スピーカーは大したことなかったが、BOSEのSound Link Miniに飛ばすことで解決(余談ですが、Sound Link Miniは僕がこの2年で買ったものの中で間違いなくベストバイ。いずれどこかでレビューします)。動画を少し見てみたがディスプレー品質も十分ではないでしょうか。(反射はかなり強いので、暗いところでみたほうがいいですね)
 
読書も8インチで必要十分。やはり目にはpaper whiteとかのほうがいい気もするけど、、。最近の本はカラーもかなり多くなってきたから、トレードオフ。目薬さして乗り切る。総じて満足!買ってよかった!
 
そして同時に解約したものもひとつ。Apple music。今の僕にはPrime musicがあるから。
 
巷で言われるようにApple musicとPrime musicはカバー範囲が結構違う。Apple musicのほうが大分広い。特に邦楽にその傾向が顕著で、いわゆる売れ線の音楽にはかなり差がある気がする。
 
非メジャーというか、地上波にバンバン出てくるわけではないけど、固定ファンがいて、なんならオシャレ雑誌に登場しちゃうぜー、みたいなところだと、僕の好きなミュージシャンでいうと、ハナレグミ畠山美由紀キセルくるりがPrimeミュージックにはない。同じ傾向の音楽でいうとクラムボンはある。そんな感じ。意外なところで、Primeはなぜかフリッパーズギターが一枚だけあった(カメラカメラカメラ。Appleにはない)。
 
洋楽はどうか。これはPrimeもかなりカバーしている気がするが、いくつか「おお、ないのか」と思うものはある。自分の好きなミュージシャンでいうと、ビョークレディオヘッドがない。ブラーやオアシスはある。アメリカものでいうと、ホワイトストライプスがない(正確に言うとライブ盤が一枚だけある)。メジャーなところだとファレル・ウイリアムスは最近のものだけある(これはAppleも同じ)。テイラースイフトはある。古いポップスやロックは充実している。たとえばビートルズビーチボーイズはある。そんな感じ。
 
僕が普段メインで聴くのはジャズなのだが、古いものに関してはどちらも充実している。ここ20年みたいなところだと、Primeにはカッサンドラウイルソンがなかった。クラシックは専門外なのでわかりませんが、それなりに充実している気がする。
 
結論としては、Prime Musicを一番の目当てに今Amazonプライムに入るのはちょっと危険な気がする。音楽メインならApple Musicだろう。ただラインナップは常時変化しているので、今後のことはわからない。Apple Musicも、あれ、これ聴けなくなったんだ、というものがちょこちょこあるし。
 
しかしとうとう軍門に下ってしまったなあ、、、。