読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのエンジニア入門

フリスクのCMをご存知ですか?日常の中にアイデアが降りてくる瞬間を切り取った傑作です。そんな「ピーン」とした瞬間を記録に残したくてブログを始めました。現状ほとんど買い物日記ですが。

N-3Bを買うか迷っている

僕は大学時代の四年間の冬をN-3Bだけで過ごした。N-3Bだけでだ。
 
、、、いや、ちょっと盛りすぎた。古着屋で一万くらいで買ったグローバーオールのダッフルコートも着ていた気がするが、ほとんどN-3Bだったのは事実だ。多分大学時代の僕を思い出せる人は皆N-3Bがセットになっていると思う。
 
別にミリタリージャケットにそこまで思い入れがあったわけではない。ただN-3Bだけは別だった。高校時代からいつか着てみたいと思っていた。アルファとかアビレックスとかじゃない。本物の米軍払い下げN-3Bがほしかった。
 
ただ、大してオシャレ少年でも、オシャレ少年の友達がいたわけでもない自分には、本物のN-3Bを買う方法なんて皆目検討がつかなかったのだ。
 
まだインターネットが普及していなかった、情報にとても価値があった時代。高校生にとってパソコンとはPC-98であり、5インチのフロッピーディスクと3.5インチのフロッピーディスクが混在している頃であり、フロッピーディスクを読み込んでなにをしていたかといえば三国志だった時代だ。
 
大学に進学して東京の多摩地区に住むことになった。北関東出身の自分が言うのもなんだが、当時の多摩は切り立った険しい山に囲まれており、冬は都心に比べて5度気温が低かった。バイクでも乗ろうものなら、凍死寸前まで追い込まれる。防寒具は必須だった。
 
いかにも脱サラして始めましたみたいな古着屋で、本物らしきN-3Bを見つけたのは大学1年の10月だった。本物らしきと書いたのは、最後まで本物かどうか確かめる術を知らなかったから。ただ、多分本物だったと思う。内側に穴とか空いてたし。そこから綿とか漏れてたし。少なくとも高校時代に友人が着ていたナイロンベースのN-3Bではなかった。この時点で僕にとっては本物も同然である。
 
値段は覚えていないが、大学時代に2万を超える服を買った記憶はないから2万以下だろう。以来4年間、僕の冬は常にN-3Bとともにあった。
 
そして、いやーN-3Bってあったかいのね。社会人になってからいろいろなジャケットを着てきたが今だにN-3Bを超えるものに出会ったことがない。ほんと最強のアウター。とりあえずN-3Bを着ておけばなんとかなる、その気持ちはいまでも変わっていない。
 
問題はだ。四十を超えたおっさんがN-3Bを着ることがありなのか、なしなのか。これは結構意見が分かれそうな気がする!、、、と思って「N-3B 中年」「N-3B 40歳」とか検索しても全然活発な議論になってない。おかしい。「いやいや中年だって全然N-3Bありっしょ」で出てこないなのか「もうそもそもありえないよね」でないのか、全然見当がつかない。
 
小汚いおっさんが薄汚いN-3Bなど着込んでいたら、これはもう本当に救いがないわけで、ここは断固たる自律心が求められるわけだが、小汚くなければいいのか?どうなんだ?
 
今までの話の流れでお気づきかと思うが、僕は今N-3Bがほしい。すごくほしい。だってあったかいんだもの。自転車通勤で使えそうなんだもの。もはや本物かどうかにこだわりはなく、むしろデザイナーブランドかなんかで現代風にアレンジしてあってもいい。そのほうが小汚く見えなそうだし。
 
でもほんとどうなんだろうおっさんN-3B?アドバイス求む!!!