40歳からのエンジニア入門

フリスクのCMをご存知ですか?日常の中にアイデアが降りてくる瞬間を切り取った傑作です。そんな「ピーン」とした瞬間を記録に残したくてブログを始めました。現状ほとんど買い物日記ですが。

メーカーズシャツ鎌倉のビジネスシャツを買う

ビジネスシャツはこの20年でずいぶん進化したと思う。いわゆるYシャツに代表される、ビジネス戦士のシャツのことだ。
 
ビジネスシャツというのはシルエットがけっこうシビア。ボタンは一番上まで留め、裾は必ずイン。言ってみれば逃げ場がない。自分の体にフィットしているかどうかが一目瞭然。
 
シャツの肩幅が広すぎて、ザ・サラリーマンみたいな人や、逆にピチピチ過ぎて妙に淫靡な雰囲気を醸し出している人。結構いる。後者は昔の僕のことだが。
 
また袖丈も難しい。ジャケットの袖からわずかに見えるシャツ、というのが理想なわけだけど、あれって結構難しい。全然見えなかったり、2センチくらい飛び出していたりする人をよく見かける。みんな苦労しているんだね、、、。
 
極めつけは首回り。いい大人だから自分のネックサイズくらいわかってる。僕は41cm。それに合うシャツを買えばいいだけ。
 
だけど、洗濯してるとだんだんきつくなる。なるよね?間違いなくなるよね?
 
「シャツ 首回り 洗濯 きつい」とかで検索する。同じ悩み抱えている人は多いみたい。特にクリーニングに出していると、すぐにきつくなるみたい。やっぱり!!
 
有識者であるクリーニング店経営の方のブログを拝読すると、ビジネスシャツの首にはトップヒューズ芯なるものが入っているらしく、これが洗濯するうちに縮んでくるらしい。で、この問題を解決するストレッチプレスなる機械があるらしいんだけど、まだ導入されているクリーニング店は限られているそうな。
 
じゃあ自分で洗おうか、と思うわけで。近場にクリーニング店がないから実際そうしているんだけど、まあでもやっぱりだんだん首回りはきつくなってくる。買って一年くらい経つと、第一ボタン開けたい気持ち満点な感じ。
 
知り合いに高級オーダーワイシャツ店で働いていた人がいるんだけど、「ワイシャツの寿命は大体一年半から二年くらいですねー」とのこと。でも二年くらい使っても、まだまだいける感じしません?首回り以外は。
 
アマゾンなんかを見ると、「ネックサイズ伸ば〜す」なんて魔法のアイテムもあるようなんだけど、できれば魔法は魔法のまま、そっとしておきたい。
 
とにかくビジネスシャツは難しい。・・・待て待て。お前冒頭で、「ビジネスシャツはこの20年でずいぶん進化したと思う」とドヤってたじゃねーか。
 
その通り。今までの話をまとめると、シャツは自分に合うものを探すのが難しく、見つけたとしても首回りはだんだんきつくなってくるので、あまり高いシャツを買うのはリスキーだが、最近のシャツは安価でいいものが出ているので気軽に買い替えられる、ということです。一文で説明できた。
 
実際ユニクロだってイトーヨーカドーだって、いいシャツ出してる。これで十分だよね、というレベルのものが、3800円とかで売ってる。
 
実際、ビジネスシャツなんて大抵の人間は白無地か青無地かストライプ。カラーだってカフスだって標準がマナー。デザインで差別化するなんてほぼ無理。かつてはシルエットがおかしいのが結構売られていたものだけど、今は安いものでも結構きちんとしている。
 
そうなると生地とブランドだけだって話なんだけど。正直オシャレセレクトショップの一万円程度のオリジナルシャツが生地のクオリティでユニクロに勝てるはずがない。別にオシャレセレクトショップに批判的なわけではなく、残念ながら資本主義の悲しい現実である。
 
そうなると、ビジネスシャツの選択肢はオーダーかお高めインポートかユニクロ・ヨーカドー連合かみたいな話になるんだけど。実はセレクトショップオリジナル(セレオリ)よりは安く、ユニクロ・ヨーカドー連合よりはちょい高いラインが存在する。
 
それが今回紹介するメーカーズシャツ鎌倉なのです。ようやくここまでたどり着いた。結構有名だから知っている方も多いかもしれない。
 
僕はシャツはメーカーズシャツ鎌倉か、もしくはランズエンド。自分の体型に合っている&通販が充実しているのでずっと重宝している。
 
ランズエンドについてはまた改めてということで、メーカーズシャツ鎌倉について軽く説明すると、元々VANの石津謙介の薫陶を受けた方が鎌倉を拠点に夫婦で立ち上げたブランド。確か。
 
僕はブランド誕生と成長にまつわる物語というのがあまり好きはなく(多分、昔外資系ブランドで働いていたことの反動)、あまり深いところまで入らないようにしているのだが、メーカーズシャツ鎌倉の、VAN、鎌倉、夫婦というストーリーは嫌いではない。ハルキスト的とでも言おうか。部屋と鎌倉と私とでも言おうか。
 
ブランドの成り立ちで想像つくと思うが、商品はオーセンティック&トラディショナル&ベーシック。保守的ながら原価度外視で安価でいいもの作りまっせ日本人の誇りにかけて。みたいなところ。間違っていたらごめんなさい。
 
メインのシャツの価格帯は6000円ほど。セレオリとユニクロ・ヨーカードーの間を埋めている。僕の知る限り、結構有名になってきてからもずっとこの価格帯をキープしている。
 
僕の記憶が確かなら、この価格帯のブランドって昔は意外となくって。メーカーズシャツ鎌倉の存在を知って、「おお、ブルーオーシャン!」と感心したものだ。確かにどっちつかずというか、シャツにこだわる人間にとってはちょっと不安な価格だし、興味のない人にとっては高額だし。昨今のデフレに伴い、ファッション好きの購入ラインが下がってきて、このブランドに目が向く、という流れなのだと思う。
 
生地の細かいところまではわからないが、コストパフォーマンスは高いと感じる。例えば頑固に貝ボタンにこだわるところとか。でも実際貝ボタンってすぐ割れるから、正直プラスチックでいいかな、、、とは思っているんだけどね。

エレクトロラックスのコードレス掃除機(エルゴラピード・リチウム スタンダード ZB3106AK)を買う

今さらコードレス掃除機をドヤ顔で紹介するなんて一体どこの時代の人?縄文?それとも弥生?と馬鹿にされることを覚悟の上で申し上げますが、コードレス掃除機で人生変わりました。こんなに便利だとは思わなかった。
 
いや、コンセントくらい刺せよ、と思うでしょ。正直そうなのよ、電源ケーブル伸ばして電源につなげばいいのよ、実際。それで掃除が終わったらボタン押してケーブルがギュルルーって回る感じ。あれはいくつになっても楽しいよね。マジで。
 
僕もずっとそう思って40年ほど生きてきたわけだけど、間違ってた。21世紀には21世紀なりの掃除の仕方があるんだなってことを日々痛感する日々。それこそチャーミーグリーンのCMに出てくる夫婦のようなウキウキ気分でエレクトロラックスの掃除機を使ってます。
 
そもそものきっかけは引っ越しだった。押し入れが小さくて掃除機を押し込むスペースがない。かといって部屋に置いておくのも、、、。結構古い機種で自立が安定しない。子どもが30分に一回は倒す。
 
これはそろそろ買い替えどきだな、と思うようになった。
 
しかし家電を買うのはなかなか腰が重い。多分共感してくださる方もいると思うのだが、選択肢が多すぎる。掃除機だけじゃなく、冷蔵庫だって洗濯機だって無限に選べるような気がしてくる。これがコンピュータならスペックと値段が正比例するので予算で決めればいいのだが、たとえば炊飯器とかだと、その黒光りするカマ、本当においしく炊けるのかい、、、なんて何時間でも悩むことになる。
 
そんなわけで、掃除機も必要だとは思いつつ、買うのを後に伸ばし続けていたら、とうとう吸引力もイマイチになってきた。これはさすがにどうしようもないと、とうとう新宿のヨドバシカメラに向かったのだった。いや、ビックカメラだったかな。
 
エスカレータで上層階へ。掃除の一角へ向かう。ざっと見渡してコードレスだけでも20本はあるだろう。この中から1本に絞らなければいけないのだ。まあ、僕は買い物大好き人間だから、苦労は惜しまない。とりあえず予算3万円くらいと決めてGO!一本一本、シゲシゲと眺めては手にとって、説明書きを読んで、押せるボタンがあるなら押してみて、また次へ。
 
・・・わからん。
 
値段の基準がさっぱりわからん。予算3万だから3万くらいのものを買えばいいのか?でも隣にあるこの型落ち品でも十分ではないのか。これなら1万ちょっとで買えるぞ。ところで掃除機といえば、あの「吸引力の落ちないただ一つの掃除機」というキャッチフレーズを無視してしまってよいのか?どうなんだ、おい。
 
これが洋服ならルックスとブランドで選択肢は自然と絞られてくるが、家電になってくるともう訳わからない。日立、三菱、パナソニック、ダイソン。どれも別に思い入れはない。ルックスは一定の基準を満たしていればいい。機能が知りたい。しかしどう比較していいかわからない。
 
困り果てていると、すっと一人の壮年男性店員が声をかけてきた。やばい、有能な香りがプンプンする。
 
「よろしければお品物選びをお手伝いいたしましょうか?」
 
なんてクールなセリフ!こんなのブルックスブラザーズでしか聞いたことないぜ。着ているジャンパーから察するに、メーカーの応援だと思われる。最後は自社製品に誘導してくるのかもしれないが、この人にだったら安心して掃除機選びを任せられる。そんな気がした。
 
「お願いします!」
 
とりあえず自分が気になっていた型落ち品のところに連れていく。これなんかどうですかね?
 
「悪くはないですね」と応援の方。「でも」
 
「でも?」
 
「これを見てください」と優雅な仕草で片膝をつき、おもむろにダストボックスを開く応援の方。
 
「この機種はゴミを捨てるのに手間がかかるんです。ここを開いて、これを引っ張り出して、このカバーを外し、しかもゴミが残るのでこうパンパンと、、、」
 
「わかりました。これはやめましょう」
 
もう店員さんの言いなり、完全に。予算はいかほどですか?と尋ねられ、3万円くらいです、と。なるほど、コードレスのスティック型でお探しな訳ですね。はい、そうです。紙パックは面倒なので避けたいです。あと自立希望。
 
「なるほど。自立にこだわるとすると、こういうタイプになりますね」と応援の方。言われてみて気づいたが、コードレス掃除機って二つの形に分かれている。ダストボックス部分がスティックの下の方についているか、それとも上の方についているか。
 
「自立するのは下重心のものになります。上重心のほうは安定しないですね」
 
なるほど!思わず膝を打つ私。なんてロジカルな説明!!
 
三菱だったかな、で唯一上重心かつ自立するものもあったんだけど、5万円近くするので予算オーバー。そもそも上重心の必要性がよくわからない。尋ねるとすかさず店員さん。
 
「上重心のほうが動かしやすいですね。特に女性の方は下重心だと重く感じるかもしれません」
 
なるほど!思わず膝を打つ私。まあただうちのカミさんなら下重心だろうがグイッグイッ。なんの問題もない。「あ、下重心だと下の隙間に入れにくいということはありますかね?」
 
「若干ありますが、上重心でも水平近くまで倒して使える機種はそれほど多くないんですよ」と応援の方。
 
向こうのほうに、某メーカーの”倒して狭い隙間もラクラク!”という機種があったのだが、6万くらいした。「あれもよかったんですけど、さすがに予算オーバーで、、、」とわざとらしいため息をつく僕に、
 
「そうですよね。お客様のご予算から考えれば、私もあれはオススメするべきではないと思っていました」
 
  WOW!なんて見事な切り返し。いやいや言葉合わせただけじゃーん、と思われるかもしれないが、応援の方のジャンパーに入っているロゴはこの某メーカーのもの。家電量販店の応援要員の仕組みはよくわかっていないが、公平を担保する建前とは言え、やっぱり自社製品が売れた方がうれしいに決まっている。
 
しかしこの応援の方。半端ない自制心。おくびにも出さない。
 
この人はほんまもんや。そう感激した僕はついでにダイソンについても聞いてみた。吸引力の落ちないただ一つの掃除機だと伺っておりますが。
 
「ダイソンは5万以上のモデルからですね。5万未満のものはオススメしないです」と簡潔に返してくる応援の方。わかりました。あなたがそうおっしゃるのなら間違いないです。
 
とはいえ、どれか決めなきゃいけない。どうしよう、、、。と思っていたらエレクトロラックスの掃除機が目に入った。エルゴラピード・リチウム スタンダード ZB3106AKというモデル。ルックスは抑えの効いたガンダムみたいで結構好み。値段もちょうどいいくらい。
 
僕の中の有能店員の判断基準ってお客の視線の強さをさりげなく観察しているかどうかなんだけど、さすがこの応援の方、見逃しませんでした。流麗な仕草でエルゴラピード・リチウム スタンダード ZB3106AKの前で片膝をついた。
 
「こちらは先ほどのものと違って、ゴミは非常に捨てやすいですね」とまずは同じ基準で比較して。
 
「そしてこのモデルの面白いところなんですが」とスイッチをオン。掃除機がブイーンと唸りをあげたところで吸い取り口の脇についているボタンをおもむろに踏みつけた!!!ガガガ、ガ!!!と音を立てる掃除機。
 
「これで毛の絡まりが切断されるんです。手で取ろうとするとなかなか面倒なところですよね。さらに」
 
畳み掛ける店員さん。「このダストボックス部分は外してハンディクリーナーとしても使えます」
 
このモデルは3 in 1ということで、通常の使い方とハンディクリーナーとしての使い方。さらにアタッチメントをつけて布団掃除機としても使えるそうな。これは便利!もうこれしかない!!
 
買いました。ということで冒頭に戻るわけですが、いやあ、ほんとコードレス掃除機って便利。
 
もちろん手放しで褒めるわけでもなくって。例えばパワーモードだと、「え、もう充電切れたの??」というレベルですぐに電池がなくなってしまう。初めて使ったときは、「もしかして初期不良??」とカミさんと顔を見合わせたくらい。
 
あと自立もするはするんだけど、子どものアタックを跳ね返せるレベルではない(あたりまえ)。さらに3 in 1。初めは珍しがってやたら使っていたが、すぐに通常の使い方のみになってしまった。
 
ただ吸引力はコード型に遜色はないし、バッテリーも通常モードだと十分。部屋の隅に置いてあるので必要な時には気軽にさっと。これは子どものいる家庭だと特に重宝すると思う。ルックスが好みなので、積極的に部屋に出しておけるのもいい。
 
多分広い家だと一台ではまかないきれないと思うが、コードレス掃除機。ほんまオススメです。

ポールスチュワートのスーツを買う

過去このブログで何度か言及しているが、学生のときは村上春樹さんの小説が好きだった。
 
村上春樹さんとか小沢健二さんとか糸井重里さんとか、一定以上の歳を取るとファンだったことがなんだか気恥ずかしくなってしまう著名人というのが世の中には存在する。ただいいおじさんになった今思うのは、「気恥ずかしい思いをさせる」というのはものすごく稀有な才能だということ。やっぱりすごい人たちだったんだ、というのが一周回っての感想。
 
そんな村上男子たちは、おそらく一度はアイビー系スーツの購入を検討したことがあるはずだ。実際僕も社会人2年目にブルックスブラザーズのスーツを買った。もろアメリカントラディショナルなシルエット。正直言ってまったく似合わなかった。
 
この手のスーツは上半身の鍛え方がモノを言う。僕はサッカーをやっていたので、下半身はそれなりだったが、上半身はペラッペラだった。おまけに短足、O脚。別にアメリカ人になりたいと夢見たことは一度もなく、洋楽は英国ものばっかりを聴いていた人間ではあったが、「アメフトでもやろうかな、、、」と血迷ったのはいい思い出。
 
似合わなかったのだけど、僕はこのスーツを着て会社に行くのが好きだった。誰一人「おっ、ブルックスブラザーズだね!粋だね!イイネ!」なんて言ってくれなかったが、着るたびにちょっとドキドキした。なんか自分が一端の大人になったような気がした。
 
今振り返ってみれば当時のブルックスブラザーズだって、日本人向けにアレンジしたスーツは用意していたはずだ。だけど僕はそこで三振。バッター交代。以来20年、アメリカ系のスーツは遠ざけてきた。というか最近はあまりに遠ざけすぎて、青山系やはるやま系までたどり着いていた。
 
あらかじめ言っておくと、青山系やはるやま系は嫌いではない。結構よくできているし、世のオシャレ系セレクトショップのアンダー7万くらいのスーツと比較したら、こっちのほうがいいと思っている。
 
思っているのだが、今まで僕が買ってきた青山系、はるやま系のスーツは、なぜかすべて、パンツのダブル裾の折り返しの縫い留めがすぐにほどけてしまった。これは別にメーカー云々ではないと思う。思うのだが、漏れなくすべて。例外なし。
 
いや、そんなの留めろよ、裁縫箱くらい持ってるだろ?と言われればそれは持ってる。持っているどころか結構いいミシン持ってる。ほとんど使ったことないけど。ミシン男子に憧れていた時代が僕にもあったのだ。自分でシャツ縫っちゃう??みたいな。
 
まあそれはともかく。道具はあるがそんなことはできない。会社員は忙しい。というほど忙しくはないんだけど、何が楽しくてズボンの折り返しがほどけないようチクチク縫わんといかんのだ。
 
幸いというべきか、ダブルの折り目がしっかりついているので、縫い留めされていなくても状態をキープできる。できると思って出社すると、夕方くらいには「控えおろう」みたいな裾になってる。そんなことが繰り返されて、青山系、はるやま系はちょっとな、、、と思うようになった。いや、メーカーの問題ではないんだろうけど、多分。
 
それで、たまには少し高いスーツでも買ってみるか、と考えた。もう何年も5万以上のスーツを着ていない。正直10万以下のスーツの差はブランドだけ、という気もするのだが、いいよ、たまにはお主の目論見に乗ってやるわい。
 
そう考えて新宿の伊勢丹メンズ館へ。せっかくならブランド直営ショップまで足を運ぼうと考えたが、アマゾンに甘やかされまくった僕には伊勢丹メンズ館が限界。いろいろ見てみようと思ったけど、実はお目当てのブランドがひとつありました。
 
ポール・スチュワート。
 
僕はそこまでスーツに詳しくはないが、アメリカントラッドスーツといえば、ブルックスブラザーズとポールスチュワート、Jプレス、カジュアルラインのほうが有名だけどラルフローレン。この辺りですよね。
 
その中でもポールスチュワートはよりスマートで洗練されたイメージ、僕の中では。一番イギリスっぽいというか。ただ、「ポールスチュワートとポールスミスは語感が似ている→イギリスっぽい」という流れなのは間違いない。先に告白しておくと。
 
とにかく。ポールスチュワートは僕にとって憧れのブランドだった。ブルックスブラザーズと並んで。再びブルックスにチャレンジする手もあったが、その勇気はまだ僕にはなかった。それでポールスチュワートというわけ。
 
ポールスチュワート自体は何年か前に三井物産に買収されている。もはや純アメリカンブランドではないんだよな、、、という一抹の寂しさはあったが、まあいいだろう。僕はあまり細かいことは気にしない。ポールスチュワートで8万円くらいのスーツないかなあ、なんて思いながら伊勢丹メンズ館に行ったらちょうどセールをやっていた。
 
僕のモットーは「セールで買うな」なんだけど。もはや誰も信じてくれないけど。まあ安く買えるならそれに越したことはない。
 
こういうときに元値8万のスーツがどこまで下がっているか目を皿のようにしてチェックするのが僕の器。しかし今回はカミさんも付いてきてくれたので、それはぐっとこらえた。男らしく。
 
「8万円くらいまで値段が下がっているスーツを買うよ、僕は」と高らかに宣言してポールスチュワートの一角へ。左から順に値札を引っ張り出していく。そしたら14万円のが8万くらいになっていた。
 
14万円!!間違いなく僕のスーツ歴においてNo.1の価格。ちなみにこれまでの最高は10万円。ブルックスブラザーズ!!ついにこれを超える時が来たのか!!っていや、8万なんだけど。
 
柄はいくつかあったが、一番シンプルなネイビーのストライプにした。僕がポールスチュワートのイメージだと思うやつ。というかこれならアメリカブランドにこだわる必要全然ないじゃーん、というやつ。試着もしてOK。クレジットで決済。
 
そして今、僕の家にポールスチュワートのスーツがある。
 
スーツを前に妙に冷静な自分がいる。買い物に後悔しているわけではない。どうあれスーツは必要だし、たまには二着買える値段で一着買ったっていいだろう。さすがに14万するスーツ、まあ8万だが、だけあって、今まで着てきたものとは少し違う感じもする。
 
だけど、20年前、ブルックスブラザーズのスーツを着て鏡を見ながらドキドキした自分はもういない。いたらそっちのほうが変かもしれないが。歳を取るということは、引き換えに何かを失うことなのだ、やれやれって村上春樹風に締めようと思ったのだけど、妙に冷静な理由はそっちじゃなくて、ダブル裾の縫い留め(ボタン)が取れそうなのに気付いたから。
 
おいおい、どういうことだよ。
 

コルビー(CORBY)のズボンプレッサーを使う

「ビジネスマンに必要なのは、高い靴でも高い時計でもなく、ズボンプレッサー!」という金言がある。僕が考えた。
 
しかし、使っている人はそれほど多くない。周囲にズボンプレッサーの使用有無を尋ねても、そうだなあ、使用確率1%以下ではなかろうか。マイナー家電なのだ。
 
いや、でも実際のところズボンプレッサーって超便利。スーツメンにとっては間違いなく三種の神器の一つ。だってスーツのパンツの折り目がピシッとするんだよ。挟んでおくだけで。
 
ヨレヨレなスーツで会社に行くってそれだけでモチベーション30%はダウン。もし会社に行きたくない、、、と思う人がいるなら、一度ピシッとした格好で行ってみてほしい。セクハラ、パワハラは論外だが、なんだかよくわからないけど会社に行きたくないという状態の場合、大抵は睡眠不足かパンツの折り目が消えかけているかどちらかだと思います(41歳男性談)。
 
しかしマイナー家電なので、ズボンプレッサーには選択肢が少ない。国内だと東芝ツインバードぐらい。確かパナソニックは撤退した。海外メーカーだとコルビー(CORBY)。
 
そして、これが非常に重要なことなのだが、ズボンプレッサーは部屋に出しっぱなしにしておいてもインテリアとして成立してほしい。ここは黄色のマーカーを引いてさらに下線三本足してほしいくらい重要。
 
そうなるともうコルビー一択。
 
ズボンプレッサー歴20年の僕がいうので間違いないが、普段は押し入れにしまっているズボンプレッサー。絶対に使われない。だいたい会社員なんて疲れ果てて家に帰ってくるわけで。
 
そこから押し入れを開けて、意外と場所をとるズボンプレッサーをふうふう言いながら引き出してー、立ててー、電源コードをさしてー、ようやくスーツ脱いでー、プレッサーにかけてスイッチオンしてー、翌朝パンツ外して、コード抜いてー、横倒しにしてー、意外と場所をとるズボンプレッサーをふうふう言いながら押し入れの奥に押しこんで、ってできるわけない。
 
重要なことなのでもう一度言うが、ズボンプレッサーは部屋に出しっぱなし。それ以外の選択肢はNO!そして普段スーツの折り目を気にする人間は多少なりとも服装に気を使っているはずで、そういう人間は多少なりともインテリアとか気にするはずで。カッコ悪い家具や家電は置きたくないはず。
 
でも、、、、残念ながら国内メーカーのズボンプレッサーはあまりかっこよくない。コルビーだって木目入れてるだけじゃーん、なんて話もあるけれど、それでも比較すればましなほう。
 
しかし東芝なんかだとジャケットの消臭機能がついていたりする。そこに費やすお金をルックスに回せばいいのに、と思う。そのほうがずっと安上がりだし、値段も上げられるのに。
 
国内メーカーはどこも優秀な人間がマーケティングしている。僕みたいな市井のおじさんにはうかがい知れないことまで把握しているだろう。市場性がないということで放置されているのか?
 
まあ、いいや。そんなわけで、僕はコルビーのズボンプレッサーを長く愛用しています。これが言いたかった。
 
機能としてはすごくシンプル。挟んでスイッチオン。それだけ。余計な機能一切ない。消臭とか、スケルトンで外からチェックできるとか、そういうのも一切なし。
 
他にないもので言うと、プレスシートがない。パンツの間に入れることで変なシワがつかないようにするものなんだけど、それもない。
 
でも、コルビーをもうずいぶん長く使っているけど、プレスシートの必要性を感じたことはほとんどない。友人で東芝のズボンプレッサー(プレスシートが必要)を使っているやつがいたので、見せてもらったことがあるが、挟む手間のほうが面倒に感じてしまった。
 
さっきも書いたけど、サラリーマンなんて疲れ果てて帰ってくるわけで。その一手間が命取りになったりする。たまに、「あ、変なシワついた、、、」と思うことはあるのだけど、それよりも楽なほうがずっといい。コルビー最高。
 
じゃあコルビーのダメなところってどこなのって話なんだけど。ダメという話ではないんだけど、3つある。
 
1つ目。パンツを挟む部分の片側は、硬めのスポンジというかクッションになっているんだけど、それがだんだん変形してくる。パンツの挟み跡がついてくるということですね。
 
跡がついたからといって、シワが寄ったり折り目が変なことにはならない。ならないのだけど、だんだん経年劣化してきて「なんかピシッとしない感じになってきたなあ」と思うようになる。使い方次第だとは思うのだけど、僕は使って3年目くらいにそう思うようになった。
 
他の部分は頑健そのものなので(なにしろ余計な機能がないから)、このスポンジを張り替えるサービスがあればいいのに、と思うのだけど、調べた限り国内ではそのようなことはおこなっていないみたい。
 
ということで、製品寿命は4、5年、長くて6、7年なのかなあと思う。実際それで買いかえている。まあ今時の家電なのでそんなものかな、とも思うけど、他の部分が壊れていないだけに、なんかもったいない気がする。
 
2つ目はアフターケアの部分。コルビーは日本ゼネラルという会社が輸入元をしているイギリスブランドで、いわゆる「○○ジャパン」みたいな子会社が日本に存在するわけではない。
 
まあ家電量販店で普通に売られている製品だし、「ズボンプレッサーならコルビー」みたいな知名度もあるので多分大丈夫だと思うが、、、。海外家電はクールだけど、壊れたときはどうなんだろう、という不安で選択肢に入らないという人の気持ちは僕もよくわかる。大手家電量販店の長期保証に入っておくのが安全だと思う。
 
3つ目はお値段。高い。他のズボンプレッサーと比べて高い。国内メーカーは高くても1万円台後半で買える感じだが、コルビーは平気で2万円超えてくる。なんでそんなに高いの??
 
これはもう流通数の少ないインポートモノですから、、、で納得するしかない。今見たらアマゾンでは3300というモデルが3万円をちょっと切るくらい。一方USA Amazonでは189ドル。あとあまり詳しくないのですが、家電の場合日本の規格に合わせるために何かしらをしているのかな。それであれば、まあまあ仕方あるまい、という価格差。
 
家電は個体差の当たり外れがあるので、100%自信を持ってとは言えないが、CORBYのズボンプレッサー、ほんまオススメです。CORBYじゃなくても、ズボンプレッサーを使ったことのない人はぜひ一度体験してみてください。パンツの折り目が消えないクールスーツを探すよりも、手っ取りばやいはず。
 
 
 
 
 

無印良品のステンレスユニットシェルフを買う

「海外では、無印良品と言えば衣類。でもブランドの本質は家具にある。無印の家具の価値を世界にどう伝えていくかが鍵になる」と、無印良品で昔働いていた方がおっしゃっていた。その意見、100%アグリーです。外資コンサル風に。
 
無印のイメージは家具がつくっている。あれがあるから、「いや、正直なところユニクロと違うのは広告の打ち出し方だけだよね、、、」と思わずつぶやいてしまう無印の衣類とか、「いや、正直なところスーパーと違うのはパッケージだけだよね、、、」と思わずつぶやいてしまう無印のレトルト食品が、一段上のクオリティーに見えてくる。
 
Appleのデザインが好きな日本人は多いけど、それって無印の家具の価値観と同じ。なんというか、研ぎ澄まされた感じ?本当に研ぎ澄まされているのか、それは識者にお任せしますが、無駄のない感じは伝わってくる。機能美追求。ポルシェ風に言うと、「形態は機能に従う」というやつ?
 
もうちょっと言うと両者ともにコストを下げるのがうまい。貧乏くさくなく簡素化している。昔誰かが(中野翠さんだったか)、「貧乏はいいけど、貧乏くさいのは嫌だ」ってどこかに書いていた。器量の小さい話だなあ、と思うけど、現代的な価値観だと思うし、そこにAppleも無印もうまくはまっている気がする。そして胸を張って言うが、僕も器量が小さい。
 
と書くと、まるで無印家具は器量の小さい人間のために存在するような気がするが、ノン、ノン。そんなことはありません。実際、無印の家具はいい。より正確に言うと、無印のステンレスユニットシェルフは素晴らしい!
 
そう。今日は無印のユニットシェルフを買った話。だいたい1年前。どんなものかイメージがつかない人のために、このブログでは非常に珍しいことですが写真をつけます。こんな感じ。

f:id:nakad-itsuki:20170124225253j:plain

 

いわゆる組み立て式の収納家具。無印の場合、組み立て式はユニット型とスタッキング型に分かれる。ユニット型は金属の支柱を使うタイプ。僕の知る限り、素材以外の仕様をほとんど変えずに20年以上売られているモデル。
 
去年引っ越したのですが、押入れがとても狭いので収納家具が必要になりました。しかし持ち家ではないし、そもそも僕は引っ越しが大好きなので、おそらく数年先には別の場所に住む。小学生の子どもがいるので学区は変えないけど。
 
そんな人生なので、できればバラして気軽にセッティングできるほうがいい。しっかりした家具も嫌いではないんだけど。
 
そこで無印良品のユニットシェルフというわけ。
 
実は過去に使っていたことがある。社会人になりたての頃。ケチって背面につけるクロスバーを買わなかったので、常にグラグラしてた。
 
それなりに愛用していたけど、その後結婚して住んだところが作り付けの食器棚がおいてあるアパートだったので、そこで一旦お役御免。グラグラしてたし。それ以来、ときどきパンフレットなんかを眺めては「やっぱええなー」と思ってた。そんなふうに10年が過ぎ、この度めでたく再会の運びとなったわけです。
 
家具には一家言あるうちの奥様もこれならOK。さっそく有楽町の無印店舗に向かう。噂には聞いていたがメチャクチャでかい。人もワチャワチャしていて外国人も多い。ちょっとした観光スポットになっているのかもしれない。
 
家具コーナーに行くと、ずらりとユニットシェルフが並んでいる。並んでいるというのがポイントで、一体だけだと正直そこまでかっこいいとは思わない。しかし壁一面に二つ、三つ連なってくると、その価値も二乗、三乗。そんなアイテムなのだ。
 
すでに構成は頭の中で何度も何度もイメクラ並みにイメトレ済み。棚板は一番安いタモ材。支柱はお高くなってしまうがピカピカのステンレスで行く!
 
と、ここで問題発生。タモが見当たらない。え、無印といえばタモじゃないの?野球のバットくらいしか使い道がないと思ってたタモを家具にも使えるんだ!ってびっくりさせたのは無印ではなかったの?タモは?タモは?ゲシュタルト崩壊するレベルで、タモ!タモ!タモ!
 
店員さんに聞いてみる。あまりよくわかっていない(経験的に無印の店員さんって結構こういう人が多い。いい人たちだけどよくわかってない。無印ではすごくマニュアルを大切にしているという本を昔読んだことがあるのだが、ほんとかね、って思う)。ただ、どうもタモの棚は廃盤か廃盤に近い状態になっているらしい。
 
マジか!!一番安いタモが欲しかったのに!!
 
注文すればまだ買うこともできるようだったが、今後入手できなくなってお揃いにならなくなるのは嫌だ。そんなわけで計画の練り直し。選択肢はオークかウォールナット。どちらもタモに比べればだいぶ高い。
 
うーん、オークとかウォールナットって響きはカッコいいけどさ、、、、結局突き板じゃんかーこれ。化粧板の木のクオリティを誇られたところで、正直あまり価値は感じない。しかしどちらかを選ばなければいけない。どうしよう。
 
ウォールナットにしました。ダークブラウンは部屋を暗くするかなとも思ったが、オークだとタモとそんなに色がかわらないくせに高いという一点で却下。スチールとかステンレスの棚という手もあるが、支柱がステンレスというのは譲れない条件だったのでスチールは却下。かといって支柱から棚までオールステンレスというのもギラギラすぎて却下。
 
ステンレス支柱。ウォールナット棚。そんなセットを3つ買った。壁一面が無印良品のユニットシェルフで埋まることになる。そしてこの際だからと、無印といえばこれ!のラタンのカゴも一揃い。意外と高いんだけど。
 
カタログなんかだと棚の意味あるのってぐらい何も乗っけてない。スカスカにしておしゃれ感を醸し出しているわけだけど、そんな常識は僕には通用しない。とことん詰める。だって棚なんだから。けど、、、やっぱり僕だってオッシャレ~と言われたい。その折衷案がラタンのカゴなわけです。
 
それから1年。レビューというほどでもないんだけど、やっぱりこれは名作だと思う。部屋をなんとなくなんとかしてくれる。ちょっと「お、いいかも」という感じがする。無印良品週間は利用したものの、3セットも買うとさすがにうろたえるレベルでお金が出ていった。ただ、これはおそらく一生使えるからまあいいだろう。このシリーズは無印が存在する限り残る気がするし、パーツにも困らない。自信を持ってオススメできる一品です。(無印の回し者ではありません)
 
ただ、もしこのレビューを見て、「いいかも」と思った人がいらっしゃったら、合わせてぜひ伝えたいのはその重さ。まあ無印のが特別重いわけではないんだけど、金属支柱、木製棚となればやっぱりこれは結構重い。これも無印の名作であるパルプボードボックスなんかとはベースの重さがぜんぜん違うことはしっかり伝えておきたい。
 
何が言いたいかというと地震です。うちは特に3人の子どもがいるので余計敏感になるわけだが、この棚が倒れてきたら、結構な怪我をすると思う。当たりどころが悪ければ死に至るレベルで。
 
繰り返しになるけれど、無印のシェルフ特有ということでは全くありません。そういうことが言いたいのではなく、家具はしっかり固定しておきましょうということ。棚だけでなく。冷蔵庫だってピアノだって。
 
賃貸で暮らしていると壁に穴を開けづらいというのはすごくよくわかる。だけど死ぬのとどっちがいいの、と言われたら100%の人が同じ答えを出すだろう。
 
実際賃貸の壁って石膏ボードの部分も多いから、ネジで固定してもというところもある。大きなのがガツンと来たら、一発ででかい穴があいて、やっぱり倒れると思う。
 
ただ、倒れるのが一瞬でも遅れれば、未来が変わる可能性が出てくる。我が家はガムロック貼りまくり。あと、棚どころか何一つ家具を置かない部屋を一つつくってて、遊びはそこで。夜はその部屋でみんなで川の字。
 
最後は防災提案になってしまった。
 
このブログを読んで無印のシェルフほしー、と思ってくれたらとてもうれしい。でもそれ以上にうれしいのは防災対策をしてくれること。特に子どものいるご家庭。決して完璧を目指さなくてよいのです。そう考えるとなかなか手が動かなくなるから。先月よりは今月のほうが少しだけ安全に。コツコツいきましょう。

BOSEのポータブルスピーカー(soundlink mini II)を買う

正直なところ、オーディオが好きだ。それもピュアオーディオが。ピュアなんて言葉、もはやオーディオでしか使われない。最後のピュアガール広末涼子16歳。20年前の話である。
 
といってもこれまでに組んだオーディオの最高額は30万円。その深淵を覗き込んだとすら言えない。しかしガキどもが走り回る騒々しい家電量販店で聴いたアヴァロンのふくよかな低音を叙情豊かに語るオーディオマニアの鏡のような生き方はしっかりと貫いている。
 
話が長くなりましたが、そんな僕がこの二年で買ったガジェットの中でベストバイ、それが本日ご紹介するBOSEのスピーカー、サウンドリンクミニIIでございます。
 
簡単に説明すると、サイズが縦7cm、横20cm、奥行7cmくらい。bluetoothでつなぐ充電式のポータブルスピーカー。
 
はっきり言ってこれとiPhoneとストリーミングサービスがあれば十分。いやBOSEすげーわ。
 
やれ低音だけとか人工的とかドンシャリだとか文句ばかり言われるBOSE。店主の趣味で始めました〜みたいな雑貨店でつまんない音楽を垂れ流しているBOSEノイズキャンセリングは悪くないけど高すぎるだろその価格、思わず店で机を叩く、のBOSE
 
いやほんと、これまで誤解していてごめんなさい。
 
オーディオに胸を熱くさせていたピュアな男はどこへ行ったの?いやもうね、6歳と2歳と0歳の子どもがいる家庭だと、うちのことだけど、オーディオなんか無理に決まってるのよ。あいつら、線を見たら引っこ抜くことしか考えてないもの。ランプがついていたら消すことしか考えないし、やわらかいネットがあったら手を突っ込まずにはいられないし。絶対無理。
 
そうなってくると音楽自体聴かなくなる。夜寝かしつけてからとかそういうレベルじゃないんだもの。すでに壊されているんだもの。それでこの5年くらい、音楽からずっと遠ざかっていた。あんなにたくさんCD買ったのに、ほぼ全部処分してしまった。
 
子どもが独立するまで音楽とはさよなら、くらいに思っていたんだけど、ただここ2年くらいでストリーミングサービスが一気に普及して。CDをPCに取り込む手間なんてとてもかけられないアラフォーおっさんが、試しにApple musicを使ってみたわけですよ。なにこれすげえ。あれもこれも、なんでも聴ける。音楽の宝箱や!!
 
でもiphoneだとイヤホンで聴くしかなくて。なにが問題って子どもに聴かせられない。「どや、お父さんこんなにヒップな音楽詳しいんだぜ」って見せつけられない。それでスピーカーを買うことにした。iphoneと繋げられるやつ。
 
巷の噂を調べてみると、bluetooth接続の音質はイマイチらしい。ピュアオーディオのウンチクに青春の一時期を捧げた僕が満足できるとはとても思えない。bluetoothは駄目だ!!
 
と思っていろいろ探してみたのですが、、、疲れてしまった。そもそもストリーミングの音質ってどうなのよって話なわけで。TIDALとか興味があるけど、日本に入ってくる気もしないし。そんな状態でなにbluetoothかどうかを気にしているの?馬鹿なの?って。
 
それでback to the basic。基本に返ったわけです。すなわちBOSEに。
 
表参道ヒルズにあるBOSEショップに家族一同出かけていった。初表参道ヒルズ。たいしたことなかったな。
 
まあそれはともかく、店と見れば端から端まで走り回らないと気が済まない長男をなだめながらワイヤレススピーカーに絞って物色。二つあった。SoundLink Bluetooth speaker IIとSoundLink Bluetooth speaker III。
 
もう一見して好みは3。しかしその魅力はカラー展開されたソフトカバーにあって、それも込みだと2に比べて1.5万円値段が跳ね上がり4万オーバー。うーん高い。
 
店内は人もほとんどいなくて静かだったが、それでもこういう場所で音質を判断するのは難しい。僕の眼前を息子がパタパタ走っているし。親切な男性の店員さんと一緒に、2と3を何度も聴き比べてみたが、正直違いがわからなかった。
 
おそらく大音量なら差も出るのだろうが、家で大きな音で聴くことがあるのか?ノン。ない。そもそもこのサイズのスピーカーに大音量なんか期待しない。
 
そう考えると2がだんだん魅力的に映ってくる。こっちのいいところはソフトカバーをかぶせても全然かっこよくならないこと。むき出しのほうがずっといい。本体だけで2.7万円くらい。
 
正直bluetooth接続のスピーカーなんて安いものがいくらでもある。というかすでに家にある。某PCパーツメーカーのもので、1万円をちょっと切るくらい。ただ正直それには満足できなかった。音質なんて気にしないとかいいつつも、やっぱり自分の中に譲れない基準があるのだ。iphoneからbluetoothで飛ばすストリーミングであっても。
 
失敗したときによりダメージの小さい方、という消極的な理由で2を買い帰宅。早速鳴らしてみる。うん、悪くない。悪くないというかいい。かなりいい。
 
もちろん7cm x 20cm x 7cmのスピーカー。bluetoothとかストリーミングとかそういうレベルではなく、筐体のサイズによる限界は絶対にある。でかいツインスピーカーと変わりませんわこれ、なんて言うつもりはない。
 
しかしここはBOSEの本当にすごいところだと思うのだけど、このサイズでも鳴らしてしまう。音の面積が広い。それが人工的と言われる所以なんだろうけど、でもこのサイズでこの音は、ちょっと狐につままれたというか、魔法をかけられたような気がする。夜、台所で酒でも飲みながら鳴らすにはちょうどいいスピーカーだと思う。
 
bluetoothだと接続が安定しないなんて話も聞くが、一年くらい使っていてトラブルは皆無。バッテリーもしっかりしているし、どこにでも運んで行ける。これ持ってキャンプとか行っちゃうか〜。キャンプなんて10年くらい行ってないけど。
 
このスピーカーを勧めたいのは、僕と同じ、かつて音楽が大好きだった、今は小さな子持ちのおじさん。どちらかというと都心住み。スペースが限られるという意味で。もちろんストリーミングサービスもセットで。CDがある?もっと自由に音楽を聴けるんだぜ。
 
そんなことをコールドプレイを聞きながら考えている。

Amazon Fire HD8の購入と、Prime Music とApple Musicの比較

Amazonとは適切な距離を置こうとずっと思ってきた。友達までのつもりだったんですけど、って。今もその気持ちは変わらない。なんであれ、一つのものに依存するのは好きじゃない。
 
だからAmazonプライムはずっと加入しなかった。自分のAmazon利用状況を見れば、送料だけで軽く元が取れるのはわかっているんだけど。プライムに入ったら、いよいよ抜き差しならぬ関係になってしまう。
 
が、いよいよその軍門に下るときがきたのか?理由はFire HD8(タブレット)。プライム会員だと4000円引き!
 
会議のときにメモを取るためのタブレットがほしいと思ってた。モバイルPCを買うほどではない。テキスト入力とブラウザ以外に仕事で使うイメージがないから、できるだけ安いほうがいい。bluetoothの小さなキーボートをつけて。
 
そんなわけで散々探したあげく、一番安いのはプライム加入状態のFire HDだったわけです。8インチだったら8000円、7インチだったら4000円ほどで買える。安すぎる。しかもkindle。(まあタブレットなら大体読めるわけだが)
 
kindleに関しては初代のpaper whiteをずっと愛用していたのだけど、どこかで紛失してしまい。そのあとケチってバックライトなしのkindleを買ったのが運の尽き。就寝前に暗闇で本を読めないというのがこれほど使用に影響するとは思わなんだ。以降kindleは棚の中。読書は主にiPhoneで。しかしiPhoneはさすがに画面が小さすぎる。しかも僕の、iPhoneSEだし。
 
そんなわけでタブレットkindleというのは僕にとって重要。8インチなら大型本でなければ十分。し・か・も奥さん!Prime musicとPrime videoが今なら漏れなくついてくる!!さらにスピーカーとディスプレーは視聴に十分耐えられるものなんですって。これでお値段なんと(Amazonのまわし者ではありません)。
 
・・・買ってしまった。プライム加入もセットで。
 
タブレットの購入はiPad第二世代以来なので、大幅な進化は覚悟していたが、さすがにこのレベルの製品が8000円程度で買えることには驚きを禁じえない。Apple、間違えたAmazonすげー。
 
脱獄的なことをしてAndloidタブレットにすることも可能のようなんだけど、そこまでしなくてもいい。テキストを打てて、webにアクセスできて、kindle読めて、音楽を聴ければ十分。動画関係は僕には必要なし。映画は好きだが小学生の子持ちに映画を見る余裕はない。
 
実際に使い始めて数週間。スピーカーは大したことなかったが、BOSEのSound Link Miniに飛ばすことで解決(余談ですが、Sound Link Miniは僕がこの2年で買ったものの中で間違いなくベストバイ。いずれどこかでレビューします)。動画を少し見てみたがディスプレー品質も十分ではないでしょうか。(反射はかなり強いので、暗いところでみたほうがいいですね)
 
読書も8インチで必要十分。やはり目にはpaper whiteとかのほうがいい気もするけど、、。最近の本はカラーもかなり多くなってきたから、トレードオフ。目薬さして乗り切る。総じて満足!買ってよかった!
 
そして同時に解約したものもひとつ。Apple music。今の僕にはPrime musicがあるから。
 
巷で言われるようにApple musicとPrime musicはカバー範囲が結構違う。Apple musicのほうが大分広い。特に邦楽にその傾向が顕著で、いわゆる売れ線の音楽にはかなり差がある気がする。
 
非メジャーというか、地上波にバンバン出てくるわけではないけど、固定ファンがいて、なんならオシャレ雑誌に登場しちゃうぜー、みたいなところだと、僕の好きなミュージシャンでいうと、ハナレグミ畠山美由紀キセルくるりがPrimeミュージックにはない。同じ傾向の音楽でいうとクラムボンはある。そんな感じ。意外なところで、Primeはなぜかフリッパーズギターが一枚だけあった(カメラカメラカメラ。Appleにはない)。
 
洋楽はどうか。これはPrimeもかなりカバーしている気がするが、いくつか「おお、ないのか」と思うものはある。自分の好きなミュージシャンでいうと、ビョークレディオヘッドがない。ブラーやオアシスはある。アメリカものでいうと、ホワイトストライプスがない(正確に言うとライブ盤が一枚だけある)。メジャーなところだとファレル・ウイリアムスは最近のものだけある(これはAppleも同じ)。テイラースイフトはある。古いポップスやロックは充実している。たとえばビートルズビーチボーイズはある。そんな感じ。
 
僕が普段メインで聴くのはジャズなのだが、古いものに関してはどちらも充実している。ここ20年みたいなところだと、Primeにはカッサンドラウイルソンがなかった。クラシックは専門外なのでわかりませんが、それなりに充実している気がする。
 
結論としては、Prime Musicを一番の目当てに今Amazonプライムに入るのはちょっと危険な気がする。音楽メインならApple Musicだろう。ただラインナップは常時変化しているので、今後のことはわからない。Apple Musicも、あれ、これ聴けなくなったんだ、というものがちょこちょこあるし。
 
しかしとうとう軍門に下ってしまったなあ、、、。